救急集中事業領域ICU

独自の急性血液浄化技術で、救急・集中治療をバックアップします。

東レ・メディカルの急性血液浄化関連製品事業は、1994年にスタートにしました。主力製品の「エンドトキシン除去向け吸着型血液浄化用浄化器」は、滋賀医科大学の外科学第一講座と東レの繊維研究所との産学協同で開発された製品です。1981年のコラボレーション開始から13年を経た後、発売を開始しました。国内では敗血症患者の病態改善を目的に、全国のICU、救命センターを中心に施行されています。現在では、血液浄化の先進諸国であるヨーロッパを中心に、海外にも事業展開しています。その他にも、「持続緩徐式血液ろ過器」、「血液浄化用装置」、「緊急時ブラッドアクセス留置用カテーテル」など、急性血液浄化に必要な製品を提供しています。今後も上記の主力製品に加え、救急治療、集中治療に貢献できる高品質な製品の提供を目指していきます。

エンドトキシン除去向け吸着型血液浄化用浄化器

細菌感染が原因となって引き起こされる敗血症が重症化した患者さんの血液から、細菌の毒素(エンドトキシン)を取り除くことで病状を改善し救命することを目的に使用します。治療は血液浄化療法によって行われます。

製品詳細(医療従事者向け)

持続緩徐式血液濾過器

半透膜と呼ばれる素材でできた中空糸を介して患者さんの血液から余分な水や毒素・老廃物を除去するために使用します。主に急性腎不全を発症した重症患者さんに対して使用されています。

製品詳細(医療従事者向け)

多用途血液処理用装置

ICUや救急部などで集中治療を必要とする循環動態が不安定な重症患者さんに対して、腎臓や肝臓などの臓器をサポートするために血液浄化療法を行うための装置です。

製品詳細(医療従事者向け)

汎用血液ガス分析装置

呼吸や意識に障害があったり、ショックなど重篤な症状を持つ患者さんの血液を調べて、酸素や二酸化炭素の量から呼吸状態を評価したり、pHや電解質バランスを確認して患者さんの状態を正確かつ迅速に評価するための検査機器です。

製品詳細(医療従事者向け)

緊急時ブラッドアクセス用留置カテーテル

ICUや透析室で、緊急に血液浄化療法を必要とする患者さんに留置するカテーテルです。

製品詳細(医療従事者向け)

「事業紹介トップ」へ戻る