透析事業領域透析センター

安心・安全で効果的な透析医療の実現へ、高品質な透析関連製品でサポートします。

世界で唯一のPMMA(ポリメチルメタクリレート)製中空糸膜使用の透析器、ポリスルホン製中空糸膜使用の透析器や血液回路など、通常の透析治療に必要な機器のほか、バスキュラーアクセスの狭窄・閉塞に対して血管拡張・血栓溶解を行うカテーテルなどを取り揃えております。また透析関連装置として、逆浸透法精製水製造(RO)装置から多人数用透析液供給装置、透析用監視装置、個人用透析装置および透析管理システムに至るまでの統合的な透析システムを、自社で一貫製造しています。各種の透析関連医療機器と合わせて、東レ・メディカルは、透析をトータルでコーデイネートします。

中空糸型透析器

中空糸型透析器とは、腎臓の機能が失われた患者さんの腎臓機能を代替する人工臓器です。人工腎とも呼ばれます。ダイアライザ内の透析膜を介して、主に血液中の貯留物質を透析液に排出する働きを担っています。慢性腎不全では、1回平均4時間、週3回、定期的に本装置による治療が必要になります。

製品詳細(医療従事者向け)

人工腎臓用血液回路

血液透析療法では、体内から取り出した血液を、プラスチック製のチューブ(動脈側血液回路)を使ってダイアライザに送り込みます。ダイアライザによって浄化された血液は、やはりプラスチック製のチューブ(静脈側血液回路)を使って体内に戻します。血液透析療法では、これら1組2本の血液回路を使用します。

バルーン拡張式血管形成用カテーテル

血液透析療法では、体内から十分量の血液を取り出し、ダイアライザに血液を供給して浄化します。この血液量を確保する方法がシャントです。前腕の動脈とその周辺の静脈を外科的につないで、人工的に動脈血を直接静脈に流入させます。長期使用により、血流不全や狭窄・閉塞することもあり、その狭くなった部分を血管の内側から拡げるための医療機器です。狭い部分を拡げることで、シャントを作り替えることもなく同じシャントをそのまま使うことが出来ます。

製品詳細(医療従事者向け)

人工透析管理システム

透析室の業務効率化・省力化を行うコンピュータシステムです。複数台ある透析装置への透析条件の設定、透析記録の作成などの機能を備えており、また、医事会計システム、電子カルテシステムなどの病院内システムと連携することができます。

製品詳細(医療従事者向け)

多用途透析装置

急性又は慢性腎不全患者さんを治療する目的で、血液透析又は血液透析濾過などを行う場合に用いる多用途透析装置です。ダイアライザなどへの透析液の供給、患者さんからの過剰な水分の除去などの機能を備えています。

製品詳細(医療従事者向け)

テレビシステム

揺れる前に地震の発生を報知する緊急地震速報機能や、テレビ画面上に透析残時間などを表示する透析装置データ表示機能※などの付加機能を備えた、先進的なVODテレビシステムです。患者さんにより快適で安心な治療環境を提供します。

※透析装置やテレビにより表示できない場合もあります。

「事業紹介トップ」へ戻る